乳酸菌の効果的な増やし方は?

   

腸内環境が整えば、心も体も健康になります。

そして、腸内環境の健康は善玉菌と悪玉菌そして日和見菌のバランスが理想的なバランスで保たれていることです。

そのバランスは、善玉菌「2割」 悪玉菌「1割」 日和見菌「7割」です。

便秘や下痢、胃腸の不調や免疫力の低下といった症状は、お腹の中の環境が悪玉菌優位の状態にあるからです。

body_chou_kin
理想的な腸内バランスにする為には、善玉菌の数を増やすことが必須条件になります。

そして、善玉菌の代表格といえば「乳酸菌」です。

つまり、お腹の中の善玉菌を増やすには乳酸菌を増やせばいいのです。

 

○乳酸菌を増やすならシンバイオティクス

効率的にお腹の中の乳酸菌を増やすにはシンバイオティクスを実践します。

シンバイオティクスとは、乳酸菌を効率的に摂取するための2つの方法(プロバイオティクスとプレバイオティクス)を同時に実践することです。

[乳酸菌を増やすための方法]

①プロバイオティクスの摂取
②プレバイオティクスの摂取

 

①プロバイオティクスの摂取とは?

「プロバイオティクス」とは生きた細菌類を外部から取り入れることです。
生きた細菌とは乳酸菌やビフィズス菌になります。

virus_zendama_good
②プレバイオティクスの摂取とは?

「プレバイオティクス」は善玉菌のエサとなる食材の事です。

エサとなる食材は「オリゴ糖」や「食物繊維」「乳性発酵物」などがあります。

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」この2つを同時に摂取する方法が「シンバイオティクス」です。

「シンバイオティクス」を実践する事で、腸内環境の改善により効果があります。

 

○乳酸菌が喜ぶ乳酸菌のエサ(プレバイオティクス)って何?

プレバイオディスクは、胃で分解されずに腸に届きます。
その為、乳酸菌のエサになり、腸内で乳酸菌が活発に活動しやすい環境を整えてくれます。

ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取し、腸内環境の乱れを改善した後、腸内環境をより良い状態に「育てる」ことに役立つ「プレバイオティクス」を乳酸菌と一緒に摂ることが大切です。

job_teacher_woman

○オリゴ糖の種類と含まれている食材

[オリゴ糖が含まれている食材]

・きな粉
・ごぼう
・たまねぎ
・納豆
・ハチミツ
・にんにく
・バナナ

オリゴ糖は、食材から抽出した成分をシロップや顆粒にした製品もあります。
食材から摂取するほか、シロップや顆粒などからオリゴ糖をとる場合には、できるだけ純度が高いものを選ぶようにしましょう。

fruit_banana
[オリゴ糖の種類]

・フラクトオリゴ糖
ビフィズス菌を効果的に増やす。
たまねぎやアスパラガス、ハチミツやごぼうなどに含まれている。
・イソマルトオリゴ糖
他のオリゴ糖に比べると整腸作用は低い。
醤油や味噌などに含まれている。
・キシロオリゴ糖
ビフィズス菌を増やす力が最も強いといわれている。
たけのこやトウモロコシの食物繊維を分解してできるオリゴ糖。
・ガラクトオリゴ糖
整腸作用のほか、脂質やコレステロールを整える働きもある。
熱や酸に強いため、大腸に届きやすい性質がある。
牛乳に含まれている。
・乳果オリゴ糖
ヨーグルトに砂糖を加え発酵させるときに作られた人工製造品。
オリゴ糖の中でも砂糖に近い甘さがあるが、カロリーが低く消化しにくいため、ダイエットにオススメ。
・大豆オリゴ糖
少量で乳酸菌を増やす効果がある。
大豆に含まれる天然のオリゴ糖。
・ラフィノース
甜菜(てんさい)から抽出される天然のオリゴ糖。
ビートや砂糖大根とよばれる事もある。
便秘解消に効果がある。
善玉菌の増殖源となり、腸内フローラのバランスを整えてくれる。

cooking_origotou_oligo

○食物繊維の種類と含まれている食材

食物繊維は、腸のぜん動運動を促進し便通の改善はもちろん善玉菌のエサとなる事で、腸内細菌を活性化してくれます。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。
食物繊維をとるとき、「不溶性食物繊維」ばかり摂取してしまうと、腸の中に便が詰まりやすい状態となり腸内環境が悪化してしまいます。

「水溶性」と「不溶性」のどちらかに偏らず、均等に摂るようにすることが大切です。

[食物繊維が含まれている食材]

・豆類(ダイズ・あずき・きなこなど)
・野菜類(ごぼう・にんじんなど)
・ごま
・海藻類(わかめ・こんぶ・もずくなど)
・いも類(さつまいも・こんにゃくなど)
・キノコ類
・くだもの類 (バナナ・りんごなど)

vegetable_satsumaimo_brown
<水溶性・不溶性含有量>

無題

参考:「食品成分表」(女子栄養大学出版部)単位:g

 

ただ乳酸菌を摂取するだけでなく、同時に乳酸菌のエサとなる食物繊維とオリゴ糖を摂ることが腸内環境を改善・育てるために効果的なんです。
自分にあった乳酸菌が含まれているヨーグルトを食べつつ、毎日の食事に食物繊維とオリゴ糖を取り入れるようにしましょう!

food_yogurt

 - 未分類